アレグラはみんなの味方

アレグラとは花粉症の治療薬としてよく使われているお薬です。しかし、それ以外にも効果を発揮する実に優秀な子です。そのアレグラがじわじわと私の周りでもモテ始めている理由について詳しくご紹介したいと思います。

2016年12月の記事一覧

ヒノキや杉の花粉症をわさびでもダメな時はアレグラ

現代日本での国民病とも言えるものの一つに花粉症があります。
花粉症は、杉やヒノキなどの花粉を吸うことによってくしゃみが出たり、鼻水が連続して出たり、目がかゆくてたまらなくなる症状を示すものです。
その発生メカニズムについては、まだ、詳細が解明されていないのが現実です。
都市部での発生が多いところから、車の排気ガスや微細な金属粉が関係しているのではないか、あるいは寄生虫が減少したことが原因ではないかとの説があります。
原因はともかく、多くの国民の間に花粉症が拡散している現状は憂慮すべきものがあります。
花粉症対策としては、本わさびの摂取によって一定の効果が期待されるとの見方が有力です。
わさびの持つ独特の匂いの成分に、イソチオシアン酸アリルがあります。
これが花粉症の原因となる物質と結びつき、無害化する働きをすることが明らかになってきています。
また、鼻をつくようなツンとした匂いが鼻づまりを解消する効果が期待できるとのことで、本わさびは、花粉症が猛威をふるう季節には、わさびが重宝されるようになってきています。
ただ、わさびが苦手という人も少なくありません。
そんな人には、花粉症治療薬のアレグラの服用が推奨されます。
アレグラは、現在、花粉症治療に際して医師が処方する薬の中では、最も多くの実績を持っているものです。
なぜアレグラの評価が高いのかと言いますと、副作用が非常に少ないという点があります。
従来のアレルギー症状を緩和させる薬というのは、眠気や脱力感などといった副作用が目だったものです。
その点、アレグラは副作用がかなり抑えられていますので、車の運転をする仕事の人でも安心して服用できるのです。
そういった意味でも、アレグラは多くの現代人の救いとなっています。

続きを読む