アレグラはみんなの味方

アレグラとは花粉症の治療薬としてよく使われているお薬です。しかし、それ以外にも効果を発揮する実に優秀な子です。そのアレグラがじわじわと私の周りでもモテ始めている理由について詳しくご紹介したいと思います。

抗ヒスタミン薬にはどんな種類があるの?

アレルギー物質が体内に入ってきたとき、肥満細胞からヒスタミンという物質が放出されます。ヒスタミンが受容体に結合すると、くしゃみや鼻水といったアレルギー反応が起こります。抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体をブロックすることによって、アレルギー反応を抑える効果があります。そのため、しばしば風邪薬の有効成分として配合されています。抗ヒスタミン薬にはエタノールアミン系やプロピルアミン系などの種類があります。

抗ヒスタミン薬:エタノールアミン系

エタノールアミン系の抗ヒスタミン薬の代表的なものとして、クレマスチンフマル酸塩が挙げられます。かなり古くから知られていましたが、現在でも使われることの多い薬です。クレマスチンフマル酸塩は他の抗ヒスタミン薬と比べても、くしゃみや鼻水を抑える効果が長続きします。またアレルギーによる皮膚のかゆみを取り除く効果があります。眠気が出やすいという副作用があるため、できるだけ夜寝る前に服用すると良いでしょう。

抗ヒスタミン薬:プロピルアミン系

プロピルアミン系の抗ヒスタミン薬にはクロルフェニラミンやトリプロリジンなどがあります。エタノールアミン系よりも眠気などの副作用が少ないとされており、市販されている風邪薬の有効成分としては、比較的多く見られるものです。またじんましんの治療にも用いられます。昼間に使用するなら、クレマスチンフマル酸塩よりも適しています。

抗ヒスタミン薬:その他

その他にも抗ヒスタミン薬にはピペラジン系、ピレリジン系、フェノチアジン系などの種類があります。ピペラジン系は脳に対する作用が強く出る傾向があり、精神安定剤として用いられることがあります。ピレリジン系はアレルギー症状の緩和のほか、偏頭痛の予防などに用いられます。また食欲を増進させる効果が見られます。フェノチアジン系は局所麻酔作用を持ち、吐き気やめまいを抑えるために用いられることがあります。

第一世代と第二世代の違いは

ここまで挙げてきた薬は、すべて第一世代の抗ヒスタミン薬に属しています。第一世代の抗ヒスタミン薬は脂溶性で、脳内に侵入しやすいという特徴があります。またヒスタミン受容体に対する選択性が低く、他の受容体もブロックしてしまうため、いろいろな副作用が出やすくなります。代表的な副作用は眠気ですが、判断力や認知機能が低下する、いわゆる鈍脳という症状もよく知られています。第一世代の抗ヒスタミン薬を服用した後は、できるだけ車の運転などを避ける必要があります。
1980年代からは、こうした副作用の少ない第二世代の抗ヒスタミン薬が発売されています。第二世代の抗ヒスタミン薬には、オロパタジやフェキソフェナジン、セチリジンやエバスチンなどがあります。第一世代の抗ヒスタミン薬は肝臓で代謝されてから排泄されますが、第二世代はそのまま排泄されるため、肝臓の機能が弱っている方が使用するのにも適しています。
第二世代のうちセチリジンやエバスチンは1990年代に発売された薬です。またオロパタジやフェキソフェナジンは、日本では2000年代に入ってから発売されたもので、副作用が特に少ないとされ、第三世代と呼ばれることもあります。これらの薬は抗ヒスタミンというより抗アレルギー薬に分類されており、花粉症の点眼薬の有効成分にもなっています。
第一世代で見られた、口が渇くとか胸焼けがするなどの副作用も、第二世代ではほとんどなくなっています。第一世代は睡眠薬の代わりに用いられる場合がありましたが、第二世代は眠気を催すことは少ないので、昼間でも安心して使用することができます。高齢者が服用する場合にも、体への負担が少ない第二世代のほうが適しています。ただし第二世代の抗ヒスタミン薬の中にも、夜に服用すると翌日まで眠気を残すものがあるため注意が必要です。