アレグラはみんなの味方

アレグラとは花粉症の治療薬としてよく使われているお薬です。しかし、それ以外にも効果を発揮する実に優秀な子です。そのアレグラがじわじわと私の周りでもモテ始めている理由について詳しくご紹介したいと思います。

とうもろこし、稲が原因の花粉症にアレグラがおすすめ

杉が主な原因と思われることがある花粉症ですが、花粉症は杉だけではなくとうもろこしや稲の花粉も花粉症の原因となります。年間を通じてかかりやすい花粉症は、目のかゆみや鼻水などの症状が辛いので薬での対処が必要です。花粉症用の薬を服用する際の心配として多く言われるのが、飲むと副作用として眠くなってしまうという点です。花粉症用の薬はデメリットとして眠気を引き起こす副作用があるので、仕事がある人や車の運転をする人には服用しにくい薬でもあります。
飲んでも眠くならない花粉症の薬としては、アレグラという薬があります。花粉症はアレルギー症状の一種ですが、人間がアレルギー症状を起こす理由にはヒスタミンという物質が原因となっています。ヒスタミンは体内に大量に発生してしまうと、様々なアレルギー症状を引き起こしてしまいます。アレルギー症状を緩和させるには、このヒスタミンを抑制する必要があるのです。アレグラはヒスタミンの量を抑制する効果があり、服用することで花粉症の症状も抑えることができます。この薬の良い点は、花粉症用の薬と同様にヒスタミンを抑制する薬は眠くなる副作用がありますが、アレグラは眠気が行いように特別に開発されたので飲んでも眠気が起きないのです。

花粉症の症状が辛くても仕事や車の運転のことを考えて花粉症用の薬を控えていた人は、ぜひアレグラを使ってみてはいかがでしょうか。服用しても眠くならないので、仕事や車の運転に関しても安心です。アレグラは飲むと10時間以上は効果が続くので、朝の内に飲んでおけば1日の大半を快適に過ごすことが可能です。飲んで良い量は1日に2錠までとなっていますので、まずは朝に1錠、夜に1錠と飲むようにしましょう。